No Package Dayで扱うお菓子を、毎月届く定額制の定期便でお届けします。

No Package Dayとは

コロナの影響で販路に困り余剰となった破棄されるしかないお土産の「パッケージを外す」ことで、日常使いという新たなニーズを生み出した新しい販売代行サービスです。

No Package Dayお菓子の定期便

毎月1回

No Package Dayで販売するお菓子の中から毎月ランダムにお届けする定期便。

セット内容は2種類ご用意しています。

毎月5日〜15日にお届け

月末日の午前8時59分までの初回ご注文で、翌月から毎月5日〜15日の間に定期便の商品をお届けします。

1ヶ月分の代金を毎月自動更新でお支払いいただきます。

スキップも可能

サービスお申し込み後、スキップ(1回お休み)も可能です。

利用停止もいつでも可能です。


定期便のコースは2種類をご用意しています。

ご家庭で、デスクで、少しずつ召し上がっていただけるライトな通常コース。

会社の置き菓子として、大人数でも楽しんでいただけるたっぷりコース。

いずれもその時販売しているNo Package Dayのお菓子の中からランダムにセレクトしてお届けします。

内容についてはお任せです。

No Package Dayお菓子の定期便 セット例

定期便購入はこちら

純利益は「グアテマラ教育奨学金支援」に全額寄付します。

寄付金は経済的困難を理由に十分な教育を受けラれないグアテマラの子どもたちのために、学習支援金として、現地の日本人社会起業家へ届けられます。

日本人社会起業家のサキさんは、そんな子どもたちの不平等に立ち向かう女性です。元々英語教師をしていたサキさんは青年協力隊に参加し、グアテマラで2年間のボランティア生活を経験。その時の経験が価値観をガラリと変えました。

グアテマラの子どもたちの教育状況は決して良いものとはいえません。学校が近くになかったり、先生がいなかったり、家計が苦しいために幼いうちから労働しなければならなかったり、様々な理由で教育の機会が奪われています。どんな環境でも教育は必要です。グアテマラの子どもたちのために、学習補強塾を開校することを決意し、「グアテマラ教育奨学金支援」を立ち上げました。

グアテマラ教育奨学金支援

社会起業家サキさんはグアテマラで経済的困難を理由に十分な教育が受けられない子どもたちのために、学習補強塾を作り日々活動しています。現地の子どもたちが夢を持って生きられる社会を目指し、学業への道を切り開くサポートに日々奮闘しています。

No Package Dayの収益は、グアテマラ教育奨学金支援の学習支援金として寄付され、学習補強塾で配給される子どもたちの給食と、塾で使用する学童用品などの費用に充てられます。

No Package Dayの商品を購入するだけで、世界の助けになります。

定期便購入はこちら