NoPackageDay 志満秀 えびせん

¥324(税込)

商品ID:162328276

在庫状況:あり

えび小笹

ふた焼ごま

お気に入りに追加

えびせんべいといえば、志満秀さんのえびせん。香川県観音寺市の老舗です。

通常は1袋400円で販売している商品のパッケージを外して、NoPackageDayの商品として少しお得にお買い求めいただけます。

えび小笹とふた焼ごまの2種類をご用意。

新鮮な魚介を素材にして、自然のままの風味を活かした海老せんべいは誰もが大好きな味です。

志満秀さんのえびせんべいは淡い色味が特徴。

これは、えびの皮を丁寧にむいて、身だけをすりつぶして生地にしている証拠です。

頭を落とす、皮を剥くという処理の工程は手作業。

手間暇をかけて、昔ながらの製法を守っています。

賞味期限が近い商品は店頭に置いてもらえず、破棄するのが当たり前のお土産業界。

フードロスは以前から業界の課題でした。

このコロナ禍でお土産需要は低下の一途を辿っています。

志満秀さんの工場も、今年は生産管理を徹底しなんとか通常稼働してきたものの、GWの緊急事態宣言の後は市場の動きが一段と鈍くなり、商品のロスが出ています。

今回、No PaackageDayで少しでもフードロスの問題を改善できればとご協力をいただきました。

/

株式会社志満秀
「しまひで」は初代島秀雄が営んでいた小さな魚屋が始まりです。
初代は研究熱心な性格で、市場で仕入れた小魚を材料に海産珍味を開発し、その販売も合せて行って行きました。昭和25年に「有限会社 島秀水産」を創業し、珍味の製造販売をスタート致しました。

志満秀の原点「えびてつ」
昭和29年に「株式会社 志満秀」を設立。昭和30年には「えびてつ」を開発し、昭和35年には「えびてつ」が当時の農林大臣賞を受賞しました。
それとともに販売ルートを拡大させ、業容拡大に尽力。昭和63年には瀬戸大橋が完成し、それと同時に四国のみならず、本州に向けても販路を拡大し、現在では北は北海道、南は九州まで、広く販売店を構えるまでになりました。

「海老煎餅本舗」から「えびの老舗」へ進化を続けています
志満秀は世に送り出した商品に自信を持っていますが、それに満足して終わる事はありません。常にお客様は何を求めているのかを読み取り、進化する為に商品開発を続けて参りました。現在では海老煎餅だけにとどまらず、海老を使用したあらゆるジャンルの商品も生まれてきました。ラーメン、ラー油、ラスク、パイなどです。これからも海老好きの皆様に喜んで頂ける商品づくりをテーマに進化していきます。

NoPackageDayお土産時の価格:一袋400円
内容量【ふた焼ごま】6枚入り
【えび小笹】30g入り
material【ふた焼ごま】馬鈴しょでん粉、えび、ごま、砂糖、食塩/調味料(アミノ酸)
【えび小笹】馬鈴しょでん粉、えび、ごま、砂糖、のり、食塩/調味料(アミノ酸)